離婚弁護士の着手金はいくら?

離婚弁護士のよい選びかた

離婚は、結婚する時より様々な精神的なストレスを受けやすく、離婚弁護士などにお願いすると時間も労力もかかります。離婚の際に離婚弁護士に頼むのは、財産分与や子供の養育費、親権問題や慰謝料など、様々な問題でもスムーズに解決ができるメリットもあります。弁護士といってもそれぞれ得意分野があるので、離婚問題なら離婚の相談をいくつも経験していて実績がある弁護士を選んで、相談をしたときに自分と相性のよい弁護士かも大事になってきます。
離婚の調停を行うときに気になるのは金額だと思いますが、離婚弁護士の費用の相場は、着手金30万円、報酬金は30万円、経済的利益は10%ぐらいが相場になってきます。
離婚調停を弁護士に頼むのには、メリットもあればデミリットもあります。メリットには有利に調停を運ぶことができますが、デミリットには、離婚の調停が決定してしまうと条件を変えることができないので、あとで後悔する決断になることもあります。
弁護士費用がかかり、財産だけの争いは弁護士費用が逆にデミリットになることもあります。離婚の弁護士を選ぶ時には、離婚の問題を重点的に扱っている弁護士かどうか、法的知識があるか、離婚調停や訴訟の経験や公正証書の作成などの経験がある事務所かどうかもしっておく必要があります。

同性の弁護士のメリット

離婚する場合、お互いがすんなりと了承すれば良いですが、そうでない場合は離婚するときに弁護士が必要となってきます。離婚となれば慰謝料や住宅の問題がでできますし、お子さんがいる場合は親権の問題もでてくるので、離婚弁護士の助けが必要となってくるのです。弁護士を立てずに自分だけでなんとかしようとする人もいるかもしれませんが、そこには大きな落とし穴があるので気をつけてください。
確かに弁護士費用は高いですが、それよりも恐いのは自分に不利な条件で離婚をしてしまうことです。一度決まった慰謝料や養育費はなかなか覆りませんし、特に親権を取り戻すのは簡単にはいきません。離婚が決まれば絶対に譲れない事柄を決め、弁護士としっかり相談してください。
費用はその弁護士にもよりますが、だいたいは時間制か、相手から受け取った慰謝料の何割かということがほとんどです。慰謝料を払う立場であれば、時間制になることが多いです。
弁護士を選ぶポイントですが、やはり女性であれば女性、男性であれば男性の弁護士の方が気持ちを理解してもらえる分、コミュニケーションが楽になります。もちろん異性であっても良いですが、離婚問題は男女の考え方が違うことからくる場合が多いので、同性の方が弁護もしやすいようです。しかし会って話すことも大事なので、一度無料の相談もあるのでそれに行ってみるのも良いでしょう。