トラブルを解決したければ弁護士に依頼

着手金は離婚弁護士に必要な費用

離婚調停や裁判離婚は、離婚弁護士に相談するときに最もメジャーな解決方法になります。ただ、それに関する費用についてはいくつか知っておかなくてはならない点があります。その中で最も重要になるのが、着手金と裁判費用の考え方です。依頼をする人の中には、着手金と裁判費用を混同させている人が少なくありませんがこれら二つの費用は別の費用になるため注意をしなくてはいけません。離婚調停の場合、着手金を含めた全体的な相場は約30万円程度であると考えられています。着手金は、事務手続きに関する費用や資料を提出するための費用などではなく、あくまでも離婚弁護士が仕事に着手したときに必要になる費用です。それに関して手続きが成功するかしないかは関係ありませんので、仕事に着手した段階で必ず支払わなくてはいけません。一方で、離婚調停で解決できずに裁判まで行った場合、裁判費用も考慮する必要があります。この場合、裁判費用は離婚で請求できる慰謝料等などから計算した金額を支払う必要があります。ですから、裁判まで行った場合には着手金と裁判費用の両方を支払う必要があります。調停は裁判ではありませんので裁判費用は必要なく、裁判よりかは費用が必ず安くなるのでその点を理解しておきましょう。

離婚の問題は離婚弁護士に相談する

離婚話で問題が発生したら弁護士に相談することをおすすめします。離婚に強い離婚弁護士に相談すると相手と話し合いをしたい時に相手の顔を見たくない場合など、弁護士が代わりに交渉を行ってくれますので安心できます。相手と話し合いをしている時、感情的になって話し合いどころじゃなくなる可能性を考えて交渉を離婚弁護士に頼むのもいいと思います。中には言葉で精神的な攻撃をされてきたという方もいらっしゃると思いますので、交渉の際は離婚弁護士に頼むと力になってくれます。離婚時に子供がいると親権や養育費の問題も出てくることでしょう。そんな時も離婚弁護士なら有利になるように交渉をしてくれますので頼ることをおすすめします。一人で子供を育てるのは大変なことですので、少しでも子供のために養育費を払ってもらうと安心すると思います。子供が何人もいると尚更大変ですので、離婚弁護士にお願いしましょう。離婚弁護士は離婚後のトラブルの対処も行っています。離婚が決定して養育費や親権が決まってもずるずると嫌がらせをしたり、しつこく話し合いを求めてくるケースも少なくありません。そんなトラブルを避けるために離婚弁護士は動いてくれます。離婚後に何か困ることがあれば離婚弁護士に相談すると素早く対処してくれますので、すぐに相談しに行きましょう。