DV被害にあったときはどうすれば良いのか

離婚したい時には専門家に相談しよう

離婚したい時にはその道の専門家に相談した方が効率的です。特に金銭的な問題をスムーズに解決できるからです。離婚と一口に言っても、いろいろあります。例えば、相手が浮気をしたことがきっかけになることもあれば、価値観の違いで何となくそうなったという場合もあります。また、子どもが居る場合、親権をどちらにすべきか、養育費はどうするかといった話も持ち上がってきます。これらを双方でなんとかしようとするのは、とても大変です。法律的な面からもきちんと向き合う必要があるからこそ、離婚弁護士に相談しましょう。
特に慰謝料が発生する時には、なかなか双方が譲らないこともあります。明らかに相手が浮気をして悪いという理由があっても、額を定めるのは難しいのです。しかし、離婚弁護士なら法律的な面やこれまでの似たような案件を参考にして、適切な額を提案することができます。そして、双方が納得できるように話し合いを進めてくれるので任せておくと安心です。
ただし、弁護士といっても離婚問題に長けている人にお願いしましょう。その方が解決への道も辿りやすくなるからです。それから、弁護士が介入すると、当然、費用がかかります。弁護士事務所のホームページに料金体系が載っているので、明確な料金体系を載せている事務所に相談しましょう。

不安がある人は離婚弁護士に相談しよう

夫や妻と場所を設けて話し合いをすることに不安がある人は、離婚弁護士に相談すると良いです。お互いの言い分に納得ができないケースでは、当人同士で話し合いを行うのではなく裁判所に間に入ってもらって話し合いを行う調停という方法があります。
調停を行う場合には、当人同士が顔を合わせなくても済みますので、DVなどで相手に恐怖心を抱いている時であっても安全に話し合いを進めていくことができます。また、離婚弁護士に依頼をしておけば、調停に関わる手続きをすべて代行で行ってくれるメリットもあります。離婚調停は、裁判所に申し出ればすぐに行ってくれるものではなく、必要な資料を提出しなくてはいけません。
その上で必要な話し合いを行っていくことになりますので、手続きの進め方がわからない人は弁護士を通して行っていくと安心です。弁護士に相談をしておけば、仮に離婚調停で決着がつかなかった場合でも裁判まで話を進めることができます。裁判離婚まで話が進むと、慰謝料請求などの金銭面での要求も必要になります。この場合は、依頼人の方から慰謝料請求や離婚に有利になる証拠や資料を弁護士に事前に渡しておく必要がありますので、きちんと準備をしておきましょう。